オンライン  _____   _____
    広報誌〈\\\\\\ 〈\\\\\\
       〈\■■■■■  \■■■■■
       〈\■\\\ _  〈\■      Vol.64
       〈\■■■■〈\\_〈\■
       〈\■    \■\\\■          2005/02/20
        \■rom  \■■■SAA   シェアウェア作家協会

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+---------------------------------------------▲
|シ|ェ|ア|協|今|月|の|目|次|
+--+--+--+--+--+--+--+--+--+---------------------------------------------▼

・松下・ジャストシステム特許訴訟
・斜め45°からの世の中寸評 Part 30

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+---------------------------------------------▲
|シ|ェ|ア|協|今|月|の|話|題| 松下・ジャストシステム特許訴訟
+--+--+--+--+--+--+--+--+--+---------------------------------------------▼

★S氏
(今回の訴訟[※-再下段に概要を掲載]は)特許制度の悪用だと
素人的には思いますが、どうなんでしょう。

★Y氏
私としては、松下電器にダーティなイメージは持っていません。
松下電器の知財部(特許部)の敏腕さに感心しました。

ただ、松下電器は大人気ないことするなと思う反面で、
ジャストシステムももう少し柔軟な対応をすれば良かったのにと思います。

★S氏
そうなんですか……特許の悪用ではないと……。

特許のプロから見るとそうなのかもしれませんが、
特許自体がゆがんでいるような気がして、実に不快です。
今回の件が通るようでは特許は必ずしも社会のプラスになってないと思いますが。

★Y氏
社会のプラスになってますよ。

特許法第一条
【この法律は、発明の保護及び利用を図ることにより、
        発明を奨励し、もつて産業の発達に寄与することを目的とする】

……発明を否定してしまうと「松下電器の従業員が発明をしても保護されない」
ということになりませんか?

★S氏
それはどう考えても根拠にならないでしょう。

「特許ゴロ」という言葉がありましたが、
それらがまかりとおるような今の特許制度や司法は少しおかしくありませんか?

★Y氏
特許制度は一定期間の独占を認め、
その後は無償で誰もが実施できるようにする点にあります。

一部で松下製品の不買運動が行われているようですが、
これは本末転倒だと感じます。
日本人の判官びいきによるものではないでしょうか。

今回は松下が圧倒的に強いということで、
論理的ではない感情的な活動をしていると思えます。
仮に立場が逆だったならば、ジャストシステム不買運動は起こっていたでしょうか?

★K氏
もしも本当に松下が発明していたのなら保護されるべきかもしれませんが、
既に他にあるものを出願したとしか思えません。何となく想像するところ、
会社方針で特許を出せとせっつかれた誰かがワープロ専用機限定ということに
すれば何とかなるかもと、技術者本人も忘れた頃に知的財産部門が引っ張りだして
拡大解釈したんじゃないかと思いますが、実態はどうなんでしょう?

★Y氏
それは推測や想像でしかありません。
ただ言えるのは知財部は「発明・特許請求の範囲を上手に取得したんだな」
ということです。

★K'氏
個人的には今回の松下は「大人気ない、本当の所は何が目的なの?」と
思っています。そしてその疑問に対して、自分を落ちつかせる為に、
「特許に触れたと判断したからそれなりの行動に出ただけなんだろう」
と自答しています。ジャストシステムに対しては、
「当然の対応だな。頑張って欲しい」と思っています。

そのあたりに関しては、Sさんの「特許制度の悪用」と同じような感情があります。

Yさんのお話にあるように、
今でこそ当たり前となったWindowsの標準的な仕様ですが、
1989年と言えばそれもなかった時代です。
松下も独自に考えて特許を取ったのだと思います。
そしてジャストシステムとしては一般的な仕様に沿って、
もしくは独自に考えて作成しただけの事だと思います。

★Y氏
問題にすべきは出願した時点(1989年)での公知例であって、
2005年の技術水準で考えてはいけないということです。

特許制度の悪用ではなくて、特許制度の有効活用だと私は考えます。

★S氏
特許自体を目的としている人の立場での見方と、
特許を一つの手段と捉えている人の見方の違いなのかなという気がしてきました。
ですから、今回の議論が全く噛み合わないのかもしれません。

今回の件を「特許制度の有効活用」とは呆れます。納得がいきません。

★N氏
今回の件については、私もどちらかというとYさん寄りの印象を持っています。
松下の行動に憤りを感じる方の気持ちもわからなくはないですが、別に法律や社会
ルールを破ったりしているわけではありませんので、「うまくやりやがったな」
という感じですね。

特許権を持っている人(会社)に、「それを行使するな」とは言えませんよね。
ただ、それを行使することで、社会や消費者にどんな影響・感情を与えるかと
いうのは、企業として考慮しなくちゃならないでしょうけどね。
今回の件は、その辺のこともおり込み済みなのではないでしょうか。
松下に良い感情を持たない人たちが不買運動をしたりするのも
(営業妨害とかにならなければ)別に法律違反ではないでしょうから、
その様な形で意思表示したい人はすれば良いと思います
(ただ、同調しない人を責めないで欲しい……)。

Yさんが「社会のプラス」とおっしゃっているのは、特許法全体のことであって、
今回の一件だけを取り上げているのでは無いと思います。

最近話題になっているジェネリック薬品のように、特許などの縛りが無ければ、
一般消費者にとって助かることは沢山あります。
でも、発明やアイデアなどを保護する制度も無ければ、
優れた発明が生まれにくくなるし、誰かがすごいものを発明しても、
大企業が資本力に物を言わせてそれを乗っ取ってしまうようなこともあるでしょう。
全体的にみれば、やはり特許法は社会のプラスになっていると思いますよ。

★S氏
勿論、違法でないのは、みなさん承知です。
ただ、ソフトの破棄などを求めている点を考えると、
社会ルールを逸脱しているように私には思えます。

企業は取り込み済みだとおっしゃいますが、上部のチェックミスか何かで、
消費者感情を織り込んでいなかった、あるいは考慮が甘かったから、
不買運動等が始まっているのだと思います。

もちろん全体としては特許法は社会のプラスです。
が、アメリカでの特許ゴロの問題や今回の事件などを考えると、
特許の濫用というマイナス面があるようで、
今後は濫用を抑える制度が必要だと思います。

★N氏
そうですね。ルールを逆手に取るのもワザのうちなのでしょうが、
特許法の本来の目的を逸脱するような動きがあるのであれば、
そういう点は是正して行くべきですね。
どこまでが正当な権利行使で、どこからが濫用かというのは、
なかなか難しい問題ではありますが……。


--------------------------------------------------------------------------
※松下・ジャストシステム特許侵害問題の概要
--------------------------------------------------------------------------
 松下電器産業株式会社が(以下松下)、ジャストシステム株式会社(以下ジャス
ト)のワープロソフト「一太郎」とグラフィックスソフト「花子」にアイコン操作
についての特許権を侵害されたとして、両ソフトの製造販売の中止と製品の廃棄を
求めた訴訟で、東京地裁は2月1日、松下側の主張を認め、両ソフトの製造・販売の
中止と製品の廃棄を命じる判決を言い渡した(このあとジャストは控訴し、ソフト
ウェアの販売も予定どおり行った)。

 侵害されたとされる特許は「情報処理装置及び情報処理方法」(特許番号第
2803236号)で、1989年10月に出願され、1998年7月17日に登録された。「アイコン
の機能説明をさせる第1のアイコン」をクリックしてから第2のアイコンをクリック
すると、第2のアイコンの機能説明をしてくれる処理についてである。一太郎7
(1996年発売)以降では、マウスに「?」マークが付加されたイラストをもつボタ
ンをクリックしてヘルプモードをオンにしておくと、マウスカーソルに合わせて各
機能の説明文が吹き出し内に表示されるようになっており、判決ではこのボタンが
アイコンであると見なされたことになる。
                 (ITmediaニュースでの配信内容を元に編集)
--------------------------------------------------------------------------


+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+------------------------------------------▲
コラム 『斜め45°からの世の中寸評 Part 30 』
+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+------------------------------------------▼

マラソン大会が中止になる理由

 秋から春にかけて、各地で行われるマラソン大会。ところが大会を中止する自治体
が最近増えているそうです。大会を中止せざるを得ないという、その理由は「みんな
が健康になったから」。みんなが健康になればなるほど、スポーツ関係のイベントは
盛況し、規模も比例して拡大するのが普通ですが、マラソン大会ではそうはいかない
ようです。

 いつの時代でも健康ブームの中心層は、健康になることに対しての時間的余裕があ
るシニア世代のみなさんです。サプリメントや健康食品を健康のよりどころにしてい
る人は別として、ジョギングをはじめとする肉体行使による健康づくりをしている人
であれば、趣味と実益をかねてスポーツイベントに出場してみたいもの。マラソン大
会であれば、個人競技ですし、大人数で競い合うとかえって優劣が気にならなくなる
ので、比較的参加しやすいのでしょうか、この世代の参加者がかなり増加しているよ
うなのです。

 ここで問題になるのが、とにかくマイペースで完走しようとする人が少なからずい
ること。数キロメートル以上の長距離マラソンであれば、トラックコース内だけでは
なく、公道を走行ルートにするのが一般的であるため、マイペース走者のせいでいつ
までも交通規制が解除できなければ近隣住民から苦情が来るのは必至。かといって、
プロフェッショナルが参加するマラソンのように、制限時間を過ぎたらもうその場で
帰ってくれとはさすがにいかず、結局マラソン大会自体を中止にしてしまおうという
ことになってしまうらしいのです。あっちを立てればこっちが立たず。市民主体であ
る自治体の辛いところでしょうか。


+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+---------------------------------▲
|シ|ェ|ア|ウ|ェ|ア|作|家|協|会|会|員|数| ◆2004年02月17日現在
+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+---------------------------------▼
  会 員(jsaaxxxx) 272名(前回比 ±0名)
  準会員(jsamxxxx)  22名(前回比 ±0名)
  準会員から会員    0名

+--+--+--+--+------------------------------------------------------------▲
|お|知|ら|せ|
+--+--+--+--+------------------------------------------------------------▼
【協会会則、入会フォーム】
  ・協会ホームページ 「会員募集」 URL: http://jsaa.kikakuya.com/
【シェアウェア作家協会会議室】
  シェアウェア作家と、皆さんとのふれあい広場
  この広報誌へのご意見、感想は、こちらの会議室にお願い致します。
  『秀ネット』URL:http://www.maruo.co.jp/jsaa_official
 この広報誌は、@niftyの各フォーラムと協会ホームページに掲載されています。
   ・FGALM  MES #7 【情報交換】作者のための相談室
   ・URL: http://jsaa.kikakuya.com (HTML版)
  出版社のご厚意により、下記パソコン雑誌添付のCD-ROMにHTML版を
  収録頂いております。
      ・アスキー  月刊テックウィン

+--+--+--+--+------------------------------------------------------------▲
|編|集|後|記|
+--+--+--+--+------------------------------------------------------------▼

 「松下・ジャストシステム特許侵害問題」に関する議論が膨大な量になったため、
今回掲載した話題はひとつだけとなっています。

 ちなみに、当初予定していたもうひとつの話題は「シェアウェアの価格設定につい
て」でした。……そういえばとあるシェアウェア作家の方が、(そのものが持つ価格・
価値に関わらず)どんな物品でもシェアウェアの代金として認めたところ、数千円す
る商品を送ってくれるユーザーの方達がいる一方、使い捨てのボールペンを1本だけ
送付するユーザーもいたとか。

      (文責 田中佑典) master@tnksoft.com [http://www.tnksoft.com/]

もどる