オンライン  _____   _____        
    広報誌〈\\\\\\ 〈\\\\\\      
       〈\■■■■■  \■■■■■       
       〈\■\\\ _  〈\■      Vol.56
       〈\■■■■〈\\_〈\■           
       〈\■    \■\\\■          2004/01/20
        \■rom  \■■■SAA   シェアウェア作家協会


★協会ホームページのURが変更になりました。 http://jsaa.kikakuya.com/


+--+--+--+--+--+--+--+--+--+---------------------------------------------▲
|シ|ェ|ア|協|今|月|の|目|次|
+--+--+--+--+--+--+--+--+--+---------------------------------------------▼

・雑誌掲載時の献本について
・Niftyについて
・コラム 『斜め45°からのパソコン寸評 Part 22 』

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+------------------------------------------▲
|シ|ェ|ア|協|今|月|の|話|題|1| 雑誌掲載時の献本について
+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+------------------------------------------▼

★Y氏
 最近のパソコン雑誌は、フリー・シェア関係なしに

>大変申し訳ございませんが、見本誌をお送りすることができません。
>ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

という掲載依頼をしてくるところが増えてきました。私は献本がない場合にはお
断りしています。献本は常識だと思うんですが(汗)

★W氏
 私の場合は、見本誌を戴くことにはあまりこだわっていませんねー。というか
転載条件に沿ってさえいれば、別に連絡なしで作品を収録してもらっても構わ
ないと思っています。
 収録許諾の連絡を戴いた場合は、「もしご無理じゃなければ見本誌ください。」
と返信していますが、今のところもらえなかったという記憶はありません。今後
は、くれないところが増えて行くのかな?

★R氏
 献本(見本誌贈呈)は、出版社の好意、もしくは戦略の一環だと思います。うち
の場合は、基本的に見本誌は出していますけど、場合によっては出さないことも
あります。
 書籍の場合は、印税の按分範囲を超える場合なんかは、有償でお分けする場合
もあります。

★K氏
 献本は常識だというニュアンスと受け止めています。

★Y氏
 献本は、戦略とは思いますが、好意だとは思っていません。著作権法上では、

 (複製権) 第二十一条 著作者は、その著作物を複製する権利を専有する。

となっています。複製する権利を放棄したものに関しては、献本不要と思います
が、そうでないものは、フリー、シェアに関係なく献本が必要だと私は考えます。

★W氏
 献本につきまして、「自分は作品の掲載条件として献本が必須である」と言わ
れることには問題がないと思いますが、それを「常識」と言ってしまうと、多少
差し障りがあるのではないかという気がします。
 「これが常識だ」と言ってしまいますと、自分たちが正しくて、それ以外の考
えや価値観を持つ人は間違いであり、悪であるというニュアンスが漂ってしまい
ます。
 もちろん、これは一般的な場合で、Yさんが「自分としては献本が必要だ」と
お考えになることについては、異論を唱えるつもりはありません。 

★Y氏
 私の収録に対する献本の要求というのは、どうもロジックとして破綻している
ようです(汗)
 雑誌への収録に対する謝礼は別に献本でなくても違う形でも良いわけですから。
ただ今までは、それが献本という形で慣習的に行われてきただけです。
 シェアウェアの場合は広く流通すれば、著作者にもシェアの可能性が大きくな
るというメリットがありますし。
 ただ「転載時には問い合わせのメールを出してください」と書くのは私の方針
で、献本なき場合はお断りする方針は変わらないと思います。
 既にDVD-ROMのついたパソコン雑誌なども出てきていますから、そうなると収
録数は膨大になり、献本するのは実際問題として困難になります。ただ、それだ
け収録することに意味があるのかは疑問です。

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+------------------------------------------▲
|シ|ェ|ア|協|今|月|の|話|題|2| ・Niftyについて
+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+------------------------------------------▼
★Y氏
 オンラインソフトは、最近ベクターにだけアップするようになりました。@Nifty
亡き?今、仕方ありませんね。

★Su氏
 もうすぐ本当にお亡くなりになります。
    http://www.fwindows.com/によると
    2003年12月31日からリードオンリー 2004年3月31日に閉鎖

 私はまだ旧NiftyServe会員でそのままADSLを申し込み開通しました。私のメー
ラは未だに Nifty Manager です。それが私のウイルス対策です。Niftyは私とし
てはがんばってくれたと思っています。

★Y氏
 まず、Nifty-Serveが伸びた原因は主にFGALやFLABOやFWINDOWSなどでのフォー
ラムがあり、会議室での交流や、それに刺激を受けたオンラインソフトが多数あ
ったことだと思います。で、それもフォーラムのSYSOPさんをはじめとする参加
者で支えられてきたのだと感じます。
 Niftyが会員数を増やせたのは、Niftyに行けば、オンラインソフトを入手した
り、交流できたりしたからじゃないかと私は思っているわけです。しかしベクタ
ーが風穴をあけて、Nifty以外ででもオンラインソフトを入手できるようにした
ので、今のような状態になりました。
 またNiftyが衰退しはじめて、@Niftyが考えたことはたぶん「パソコン通信の
システムを維持するのに経費がかかるんだ。」ということではないかと推測しま
す。旧NiftyServe会員に対して、メール保存期間が短くなるなどの@Niftyの嫌が
らせが気に入りません。

★H氏
 これってFWINDOWS系のみの案内で、@niftyのフォーラム全体がそうなるもので
はないと思いますが。だってFWINDOWSの発表(2003/10/01)のあとにも、新しいフ
ォーラムは出来ていますので。

★So氏
さて、FWINDOWSの閉鎖の件ですが、バージョンアップの度に、FGALとFWINDOWS
に(殆ど義務的に)アップロードしておりますが、ダウンロード数は僅かですし
会議室も静かですし(^^;)、仕方ないのかもしれませんね。でも、FWINDOWSが先に
閉鎖が決まるとは意外です。結構頑張っているように思っていたので・・・。
@niftyの話ですが、私も昔からのニフティ会員で、時代とともに役割が変わっ
てきてますがそれなりに大いに活用しています。今は、フォーラム利用は殆どあ
りませんが、インターネットへのアクセスラインとして、また、メールアドレス
やホームページの置き場所として大変重宝しております。
 一時期は自宅にWebサーバやメールサーバを置いて頑張ったことがありますが、
管理が大変な上に、マシンやラインが脆弱なので今は、全て@niftyにお任せして
います。システムが安定していて利用料が安くて嬉しい限りです。また、私とし
ては、自分の会社のHPを個人と同じ費用で(というか無料で)置けるというの
は、大変有り難いことです。

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+------------------------------------------▲
|シ|ェ|ア|協|今|月|の|話|題|3| 『斜め45°からのパソコン寸評 Part 22 』
+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+------------------------------------------▼

★オンラインソフトの作品登録方法

 いまや、オンラインソフトの流通業者として不動の地位を確立したベクターで
すが、当初は、オンラインソフト作者に一通ずつメールを送って転載許可をもら
うという地道な作業からスタートしました。

     http://www.vector.co.jp/

 最近はヘラクレスに株を上場するまで成長しました。Nifty亡き今(笑)、オン
ラインソフト作者にとっても利用者にとっても便利なサービスを提供してくれま
す。
 最近は自分のホームページにオンラインソフトを掲載する人が多いようですが
セキュリティ上で問題があります。作者が本当にちゃんと、ウイルスチェックを
しているかの保証がないからです。ベクターは2種類のウイルスチェックをして
いるそうです。
 ですから、私はたいていベクターでアップロードやダウンロードをしています。
ちなみに私はベクターの回し者ではありません(笑)

 さて、ベクターにソフトウェアをアップしたい人はどのようにすればいいので
しょうか。

   http://www.vector.co.jp/info/for_auth/1st.html

 これを良く読んで、あなたもオンラインソフト作家としての一歩を踏み出して
ください。
 フリーソフトとして出すか、シェアウェアとして出すかは迷うところだと思い
ます。私はフリーソフトとシェアウェアを発表していますが、フリーソフトで感
想のメールを貰ったことは殆どありません。フリーソフト=無料ソフトという認
識のユーザーが増えたからだと思います。情けないことです。

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+---------------------------------▲
|シ|ェ|ア|ウ|ェ|ア|作|家|協|会|会|員|数| ◆2004年01月14日現在
+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+---------------------------------▼
  会 員(jsaaxxxx) 267名(前回比 +1名)
  準会員(jsamxxxx)  22名(前回比 ±0名)
  準会員から会員    0名

+--+--+--+--+------------------------------------------------------------▲
|お|知|ら|せ| 
+--+--+--+--+------------------------------------------------------------▼
 【協会会則、入会フォーム】                      

   ・協会ホームページ 「会員募集」 URL: http://jsaa.kikakuya.com/
 【シェアウェア作家協会会議室】
   シェアウェア作家と、皆さんとのふれあい広場
   この広報誌へのご意見、感想は、こちらの会議室にお願い致します。
   『秀ネット』URL:http://www.maruo.co.jp/jsaa_official 
 【トーク広場】
   皆さんに御自由にお使い戴くために協会が提供している掲示板です。
   URL: http://jsaa.kikakuya.com/
  この広報誌は、@niftyの各フォーラムと協会ホームページに掲載されていま
す。
   ・FGALM  MES #7 【情報交換】作者のための相談室 
   ・SWINFO  MES #8 シェアウェア談話室
   ・URL: http://jsaa.kikakuya.com/ (HTML版)
  出版社のご厚意により、下記パソコン雑誌添付のCD−ROMにHTML版を
  収録頂いております。
      ・宝島社   月刊 DiGi/USER
      ・アスキー  月刊 TECH Win            
+--+--+--+--+------------------------------------------------------------▲
|編|集|後|記| 
+--+--+--+--+------------------------------------------------------------▼
 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
 2004年初めての『From JSAA』です。今回は論議が活発で1月中に発行するこ
とができました。今年は2ヶ月に一度は発行していきたいと思います。

                      (文責 山本 美孝)
                      PAF02437@nifty.ne.jp



もどる