オンライン  _____   _____            
    広報誌〈\\\\\\ 〈\\\\\\          
       〈\■■■■■  \■■■■■           
       〈\■\\\ _  〈\■      Vol.55   
       〈\■■■■〈\\_〈\■              
       〈\■    \■\\\■          2003/12/20
        \■rom  \■■■SAA   シェアウェア作家協会


+--+--+--+--+--+--+--+--+--+---------------------------------------------▲
|シ|ェ|ア|協|今|月|の|目|次|
+--+--+--+--+--+--+--+--+--+---------------------------------------------▼

・シェアレジ手数料値上げについて
・年賀状について

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+------------------------------------------▲
|シ|ェ|ア|協|今|月|の|話|題|1| シェアレジ手数料値上げについて
+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+------------------------------------------▼

★O氏
 2003年9月1日から、ベクターのシェアレジ作者手数料の料率が変更されるとの
こと。ベクターを利用されているシェアウェア作家の皆さんはどうされるのでし
ょうか?
据え置くのか、値上げして利用者に転嫁するのか?私自身、正直言って迷ってお
ります。

★Y氏
 今回のシェアレジ作者手数料の15%化については、一方的に押し付けられたも
ので納得がいきません。しかし契約上はベクター側に委ねてしまっているので、
どうしようもないですね。
 私見ですが、シェア料金は据え置きしかないでしょう。

★R氏
 15%というと、NIFTYの@PAYと同じ、ですか。個人的には、JCB/AMEX/VISA/Mas
terが直接使えるので、お願いの先を変えれるからまだいいんですが。
 収納代行事業者側の言い分もわからないではないです。まあ、クレジットカー
ドのダウンロード販売や通信販売の手数料率は、7〜13%もとられますし。昨年末
から今年にかけて、銀行の口座振替の手数料が軒並み上昇しましたしね。(いま
まで、1件25〜100だっとところ、月基本料金5000〜100000+件数あたり25〜40 と
、件数の少ないところは1000倍近くの値上げになったとこもあります。
 シェア料金は、据え置くしかないでしょうね。

★S氏
 今さらのコメントですが、うちの会社では対抗策の1つとして、イーバンク銀
行に口座開設するという技を使う予定です。
 イーバンクに口座を持っている人同士だと、振り込み手数料が無料だそうです。
個人での口座開設も無料だそうな。ただ、口座にお金を置くためには、どこか
のATMから振り込みなどしないといけないので、そのとき手数料がかかるんじ
ゃないかと思います。

★H氏
 月1回分(りそなをうまく使うと3回分までだったかな)は入金のための振り込
み手数料のキャッシュバックがありますよ。手数料無料の新生銀行から振り込ん
でも「キャッシュバック(?)」されます。
 私の場合はポイント換金・アンケート謝礼の振込先を極力イーバンク銀行にし
て振込みでの入金を最小限に抑えるようにしています。というか普通預金でも比
較的金利が高いほうなので、おろすことはほとんどありませんが。
 イーバンク銀行の場合振り込み手数料無料は、「個人」に限られるので、「法
人」で開設した場合は手数料が必要なので、ある会社は社長の個人名義の口座か
ら振り込んでくれたりしていますけど。

★W氏
 さて、Vectorさんの料率変更ですが、今ほど「レジ・サービス販売手数料改定
に伴う対応手順のご案内」というメールが来ました。本体価格を変更できるよう
ですが、価格を上げるわけには行かないので、据え置きです。ただこれを機に、
ユーザから弊社口座へ直接送金してもらう場合は、
価格を下げようかなとも考えています。
 ちなみに、プロレジの料率変更は、作者側の手数料は、18%+100円から、25%+
100円にアップしますが、購入者側の手数料は、反対に、100円からゼロにダウン
します。売上増に徹した設定だと思いますが(^^;)、はたして思惑どうりになるか
どうか・・・。

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+------------------------------------------▲
|シ|ェ|ア|協|今|月|の|話|題|2| 年賀状について
+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+------------------------------------------▼

★Y氏
 不要だと内心は思いながら、今年も年賀状を作りました。
 日常的にメールや電子会議室やチャットでやりとりしている人には出しません。
ご無沙汰している人に対してだけです。
 どこかのアンケート調査によると「貰って一番うれしいのは年賀状」らしいで
す。要するに「年賀状という紙の形式で貰うと喜ぶ人が多い」ってことなのかな。
 私が年賀状を書くのは、メールアドレスがわからない人か、メールアドレスは
わかっているが、その当人がパソコンが不得手な場合です。
 今年も、宛名書きは、昨年購入したムックに添付されていた年賀状ソフトを使
いました。そして、本文はワープロで横書きにして近況を簡単に書きました。
 「できればメールで送ってください。」という祈りをこめて、メールアドレス
なども書いたのですが、アナログな人は一生、メールを日常的に使わないんだ
ろうと思います。

★N氏
 この季節になると、「あ〜、年賀状作んなくちゃ・・・」と憂鬱になったりし
ますね。(^^;
 うちでは、結婚後数年間はプリントゴッコでけっこう凝った(自己満足)年賀
状を作っていたのですが、10年ほど前からは「年刊N家通信」というタイトル
で、一年間の家族の動向を書いて送っています。8ポイント位の小さなフォント
で、葉書いっぱいにぎっしりと書くので、「君の年賀状は一目でわかるね」と良
く言われます。
 もともと、年賀状を出す相手は、日ごろほとんど会う機会の無い親戚や恩師、
旧友などが多かったために、賀状の機会を借りて家族の近況でも伝えようと始め
たのですが、自分で読み返してみると我が家の良い記録になっています。
 ただ、相手が親戚や古い知り合いなどで無く、仕事関係などで儀礼的に年賀状
を下さった方などに大しては、プライベートな内容盛りだくさんの賀状を出すの
はためらわれてしまって、つい返事を欠礼してしまうこともあるという欠点もあ
ります。
 メールなどが使えるようになっても、何か用事でもないと連絡をすることの無
い方もいますから、年賀状という形である意味「強制的」にコミュニケーション
する機会が年に一度位あっても良いのかもしれませんね。

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+---------------------------------▲
|シ|ェ|ア|ウ|ェ|ア|作|家|協|会|会|員|数| ◆2003年12月08日現在
+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+---------------------------------▼
  会 員(jsaaxxxx) 266名(前回比 +5名)
  準会員(jsamxxxx)  22名(前回比 ±0名)
  準会員から会員    0名

+--+--+--+--+------------------------------------------------------------▲
|お|知|ら|せ| 
+--+--+--+--+------------------------------------------------------------▼
 【協会会則、入会フォーム】                      

   ・協会ホームページ 「会員募集」 URL: http://jsaa.kikakuya.com/
 【シェアウェア作家協会会議室】
   シェアウェア作家と、皆さんとのふれあい広場
   この広報誌へのご意見、感想は、こちらの会議室にお願い致します。
   『秀ネット』URL:http://www.maruo.co.jp/jsaa_official 
 【トーク広場】
   皆さんに御自由にお使い戴くために協会が提供している掲示板です。
   URL: http://jsaa.kikakuya.com/
  この広報誌は、@niftyの各フォーラムと協会ホームページに掲載されていま
す。
   ・FGALM  MES #7 【情報交換】作者のための相談室 
   ・SWINFO  MES #8 シェアウェア談話室
   ・URL: http://jsaa.kikakuya.com/ (HTML版)
  出版社のご厚意により、下記パソコン雑誌添付のCD−ROMにHTML版を
  収録頂いております。
      ・宝島社   月刊 DiGi/USER
      ・アスキー  月刊 TECH Win            

+--+--+--+--+------------------------------------------------------------▲
|編|集|後|記| 
+--+--+--+--+------------------------------------------------------------▼

 久しぶりの『From JSAA』です。いかがでしょうか。今年は全般的に論議が
活発でなかったこともあり、発行期間が空いてしまいました。ご容赦ください。

                      (文責 山本 美孝)
                      PAF02437@nifty.ne.jp

------------------------------------------------------------------------



もどる