オンライン広報誌「From JSAA Vol.38

 
オンライン  _____   _____               
    
広報誌〈\\\\\\ 〈\\\\\\              
       
〈\■■■■■  ■■■■■              
       
〈\\\\ _  〈\       Vol.38    
       
〈\■■■■〈\\_〈\                
       
〈\    \\\           2001/09/24 
        
rom  ■■■SAA   シェアウェア作家協会 

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+---------------------------------------------▲
|シ|ェ|ア|協|今|月|の|目|次|
+--+--+--+--+--+--+--+--+--+---------------------------------------------▼

・ファイヤーウォールについて
・オンラインバンクについて
・IT講習を受けて
・コラム 『斜め45°からのパソコン寸評 Part7』

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+------------------------------------------▲
|シ|ェ|ア|協|今|月|の|話|題|1| ・ファイヤーウォールについて
+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+------------------------------------------▼

           ファイヤーウォール

★Y氏

 8月からフレッツISDNを導入して、常時接続環境にしたのですが、快適です。
とにかく電話料金の呪縛から解き放たれるのでアクセスが気軽にできるようにな
りました。

 しかし、ひとつ懸念事項が……

「常時接続なのに何も防御をしていなかったところ、
 ある日突然、見慣れないフォルダができていた。」

とかいう話を人から聞いて、それは恐いと思いました。

 ファイヤーウォールソフトを導入しなくてはいけないのかなと感じています。

(1)やはりファイヤーウォールは必須なのでしょうか。

(2)良いファイヤーウォールソフトがあればオススメを教えていただけませんか。

★P氏
 私もCATVによる常時接続環境なのですが、やはりYさんと同じく常時接続
になった当初から不安がつきまとっていました。

そこでNETを色々と調べていたら下記のページを発見しました。
http://eazyfox.tripod.co.jp/
Yさんの懸念に対する回答が事細かに記述されている、良いホームページです。

で、私はと申しますと、上記のホームページを拝見し検討した結果、ZoneAlarm
というファイヤーウォールを使用しています。

http://www.zonealarm.com/

どの程度効果があるかは分かりませんが、全く無防備であるよりは安心出来るの
ではと考えています。

★Y氏

Pさん、レスありがとうございます。さっそく 
http://eazyfox.tripod.co.jp/
に行ってきました。とてもわかりやすくまとめられていて感心しました。

 私もPさんを真似て、 ZoneAlarmをダウンロードしてきました。これって個人
で使用する場合はフリーなんですね。嬉しいです。ただ海外のソフトなので、ド
キュメントが日本語でないのが残念(贅沢すぎますか^^;);

 ホームページ転送などに使うWS-FTPみたいな感じで導入したいと思います。

 使ってみての続報です。

 一言で言えば、多少は不便だけど安心できる

ということになります。

・多少不便な点

   ・Niftyへのアクセス(秀タームでのTELNET接続)
   ・インターネット エクスプローラー でのアクセス
   ・アウトルック エクスプレス でのアクセス

を個別にする必要が生じたことです。つまり、@NiftyTELNETしているついでに
IEでホームページ閲覧しようとすると警告が出ます。

 これは設定次第で自由に行えるうになるのかもしれませんが、許可した領域以
外でアクセスしようとすると警報するという思想の元に作られているようなので、
仕方がないと思っています。

・安心できる点

 何か変わったものを実行する(例えばメディアプレーヤーでの再生など)を
 する時には、その都度問い合わせてくれる

 ホームページ側が意図的に情報収集しようとした場合に断ることができる

 アクセス中に緑と赤のステータスグラフ(タスクバーに常駐しているので小さな
 サイズです)があるので、アクセスしていて情報が送られてくるのを視覚で確認
 できる

 ホントにカンタンですので、セキュリティが心配な方は導入されることをオス
スメします。原理とかはあまり詳く理解できていないのですが、ご参考になれ
ばと思い書いてみました。

★P氏
 私の方からの続報ですけども、ZoneAlarmを日本語化するパッチが公開されて
います。まだベータ版という事で、使用に際しては自己責任になりますが、私が
使用してみた限りでは特に問題無さそうです。以下のページで公開されています。
http://y7.net/zajp

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+------------------------------------------▲
|シ|ェ|ア|協|今|月|の|話|題|2| ・オンラインバンクについて
+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+------------------------------------------▼

        オンラインバンクについて

★A氏
日経BPで特集のページが二つばかし有りましたので紹介しておきます。
結局どこを選んだらいいかよくわかんない :-)
普段メインにしている銀行の系列のオンラインバンクが有る場合には、それを一つ、
もう一つオンライン専業を・・・ってな所ですかね?

http://premium.nikkeibp.co.jp/netbank/

http://webguide.nikkeibp.co.jp/ws/sp01ibank_1.html

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+------------------------------------------▲
|シ|ェ|ア|協|今|月|の|話|題|3| ・IT講習を受けて
+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+------------------------------------------▼

        IT講習を受けて

★Y氏
 私は「パソコン初心者」ではないので、必要ないのですが、IT講習を受けまし
た。
 パソコン上級者でも受講する価値があります。目からウロコということが結構
ありますから。私自身、誤って覚えていたことを発見したりして、とても有意義
でした。
 IT講習の講師の人に洗脳?されて、新聞を止めようかと考え始めました。

 ・インターネットで新聞は読める
 ・テレビ欄もインターネット。Gコードだって調べられる。
 ・不足する情報は、TVのニュース番組で見れば足りる。
    例えば、テレビ朝日のニュースステーションや
        テレビ東京のWBS(日経のニュース)を録画して見る。
 ということです。テレビのニュースは録画するのがポイントで、
 これによって興味のないところは早送りでスキップできます。

★W氏
 そうですね。知っているつもりのことでも、意外に抜けがあったり、体系的に
理解できていないというケースってありますよね。私も受けてみようかなぁ
・・・。

>IT講習の講師の人に洗脳?されて、新聞を止めようかと考え始めました。

 うーん、でも、インターネットやTVのニュースはトイレに持込みにくいし、
弁当も包めませんからねぇ。(^^; 折込みチラシも地域の情報源として重要です。
ときどき、レストランのクーポン券なんかもついてますしね。
そう、新聞を取っていないと選挙の公報とか、近くの新規開店の店の案内とかが
入ってこないってのが唯一困った点です・・・・

★N氏
 まぁ、弁当包むってのはしないから、何か包むのには・・・いくらでも包装紙
は余っているから、要らないや。(と、言うより「包む」って事しないな。袋に
入れておしまいだ)

>ときどき、レストランのクーポン券なんかもついてますしね。

これは言えてますね。前に近くのスーパーで梅雨の期間でしたが、チラシに付い
ている割引券を雨の降る日に持参すると通常より安く買えるというサービスをや
っていました。

★W氏
こんにちは。Wです。
 現に、インターネット上で入手できるクーポンはたくさんありますよ。たいて
い、自分のプリンターで画面のクーポンを印刷して持って行けば良いだけです。
私も、近くのチェーンのラーメン屋の月替わりクーポン券をよく利用します。こ
こは1メニュー100円引きになるので、家族で食べに行ったりするとけっこう
大きいですよ。

 ただ、こうしたWebでのクーポン券を使う人はまだまだ少ないようで、レジ
の人がクーポン券のことを知らないことが時々あります。奥の方に聞きに行って
しばらく待たされたりしますが、そういう時はちょっとバツが悪いですね。

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+------------------------------------------▲
|シ|ェ|ア|協|今|月|の|話|題|4| 『斜め45°からのパソコン寸評 Part 7』
+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+------------------------------------------▼


■インターネットの無料葉書サービス

 普段e-Mailを使い慣れていると、誰かに葉書を送ることなんてめったにありません
ね。せいぜい年賀状くらいのものでしょう。

 でも、最近は無料で葉書が送れるサービスがインターネット上にいくつも登場して
います。こうしたものを利用すると、パソコンからe-Mailを送る感覚で葉書が送れ
ちゃいます。中には、画像データを送信すれば、それを葉書にプリントしてメッセー
ジと一緒に相手に届けてくれるものまであります。

 こうしたサービスの嬉しいところは、パソコンから葉書が送れるということだけ
じゃなくて、葉書代や郵便料金まで無料だということです。その仕掛けは、スポン
サーの広告が葉書の一部に印刷されて相手に届くようになっているというところにあ
ります。つまり、広告費によって運営されているのですが、葉書を出す時に相手の興
味のあるジャンルなどを指定出来ますので、相手にとって失礼だったり不愉快だった
りする広告が載るという心配は無さそうです。

 私も今年は、こうしたサービスを使って、普段ご無沙汰している方達に写真入りの
暑中見舞いを送ってみました。受け取った方の話を聞くと、なかなか好評のようでし
たよ。(まあ、暑中見舞いを送った相手に、悪く言う人はいないでしょうが・・)

 ただちょっと気になるのは、このサービスが、ちゃんとスポンサーが付いて継続で
きるかということです。郵便料金だけでも1通50円。それで葉書の上や下にバナー
広告程度のものが載ることで、スポンサーにとって満足できる広告効果があるので
しょうか。葉書を送る時に相手の興味分野を指定するとはいえ、正直言って少々疑問
ではあります。

 利用者にとってはとてもありがたいサービスですので、できれば消滅せずに続けて
欲しいのですが、いろいろなアイデアのサービスが出ては消えのこの世界、さてさて
どうなりますことやら。ともあれ、皆さんも今のうちにこうしたサービスを試してみ
てはいかがですか?

ぽすこみ(画像添付可)
http://www.postcom.co.jp/

エキサイトポストカード
http://hagaki.excite.co.jp/

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+---------------------------------▲
|シ|ェ|ア|ウ|ェ|ア|作|家|協|会|会|員|数| ◆9月23日現在
+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+---------------------------------▼
  会 員(jsaaxxxx) 241名(先月比 +3)
  準会員(jsamxxxx)  19名(先月比 +1)
  準会員から会員    0名

+--+--+--+--+------------------------------------------------------------▲
|お|知|ら|せ| 
+--+--+--+--+------------------------------------------------------------▼

 【協会会則、入会フォーム】                        
   ・協会ホームページ 「会員募集」 URL: http://jsaa.digiweb.co.jp/
 【シェアウェア作家協会会議室】
   シェアウェア作家と、皆さんとのふれあい広場
   この広報誌へのご意見、感想は、こちらの会議室にお願い致します。
   『秀ネット』
URL: http://www.maruo.co.jp/jsaa_official
 【トーク広場】
   皆さんに御自由にお使い戴くために協会が提供している掲示板です。
   
URL: http://jsaa.digiweb.co.jp/
  この広報誌は、
@niftyの各フォーラムと協会ホームページに掲載されています。
   ・
FGALM  MES #7 【情報交換】作者のための相談室 
   ・
SWINFO MES #14 シェアウェア談話室
   ・URL: http://jsaa.digiweb.co.jp/ (HTML版)
  出版社のご厚意により、下記パソコン雑誌添付のCD−ROMにHTML版を
  収録頂いております。
      ・宝島社   月刊 DiGi/USER
      ・アスキー  月刊 TECH Win              
                                      
+--+--+--+--+------------------------------------------------------------▲
|編|集|後|記| 
+--+--+--+--+------------------------------------------------------------▼
 IT講習などにより、パソコンを使う人のレベルがさまざまに変化し、家庭のパ
ソコンとして新しく注目されているのを感じます。そんな状況でシェアウェア作
家ができることが何なのか考えてみるのも面白いかもしれませんね。

                      (文責 山本 美孝)
                      PAF02437@nifty.ne.jp



もどる