オンライン広報誌「From JSAAVol.36

 
オンライン  _____   _____               
    
広報誌〈\\\\\\ 〈\\\\\\              
       
〈\■■■■■  ■■■■■              
       
〈\\\\ _  〈\      Vol.36    
       
〈\■■■■〈\\_〈\                
       
〈\    \\\          2001/07/26 
        
rom  ■■■SAA   シェアウェア作家協会 


+--+--+--+--+--+--+--+--+--+---------------------------------------------▲
|シ|ェ|ア|協|今|月|の|目|次|
+--+--+--+--+--+--+--+--+--+---------------------------------------------▼

・ソフト掲載雑誌の記事転載について
・ADSL接続について
・コラム 『斜め45°からのパソコン寸評 Part5』

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+------------------------------------------▲
|シ|ェ|ア|協|今|月|の|話|題|1| ・ソフト掲載雑誌の記事転載について
+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+------------------------------------------▼

       ソフト掲載雑誌の記事転載について

★SO氏
 今日は、ちょっと不愉快なことがありました。
パソコン雑誌の7月号に私のシェアウェアが掲載されたのですが、雑誌の掲載内
容を自分のHPに転載してよいかの許可をもらおうと思って、転載申請書を見る
と何の目的で使うのかとか、いろいろ記入する項目が多くて、面倒になったので
「他の雑誌社さんなら、問い合わせしたら直ぐに回答が来るのに、御社はやけに
厳重な管理をされてますね。こちらはメール1本で ソフトの掲載許可を出しま
したよ」と電話すると、「やはり手続き上必要です」ということでした。
 それで、無きゃ困る事でもないので、自分のHPに転載するのはやめました。
 また、N社さんからのソフトの掲載依頼のメールに、ソフトの雑誌への掲載だ
けでなく「N社の Webページにも記事を掲載しますので許可願います」と、全て
簡略に許可を求めている割りには、こちらが転載を願い出ると、面倒くさい申請
手続きを要求してくるわけです。大会社の場合は、こんなもんでしょうかね。

★D氏
 えっと、どんな内容を転載しようとしているのかが分かりませんが、著作権と
いうのは別の言い方をすると「他人が使用する権利を守る法律」でもありますか
ら、自分の紹介文ぐらいは引用することに問題は無いと思うのですが。

★Y氏
 別にN社の肩を持つわけではないですが、「厳重な管理」とゆーか、著作権管
理は書類を作ることが必須です。私は17年ほど某機械メーカーの特許部に在籍し
ていましたので、企業の知財管理の舞台裏というか事情を少し知っています。書
類なしで勝手に「自社の著作物の掲載を許可」したということになれば、企業の
担当者が責任を問われることになります。

★SO氏
 第三者が雑誌の一部を転載する場合は、もちろん厳重にすべきでしょうけど今
回の場合は、記事ネタ提供者からの転載(引用)依頼なので書類無しで許可した
ところで担当者が責任を問われるよう事態にはならないのではないでしょうか。

★W氏
 以下の朝日新聞社のサイトなどにも、この辺の詳しい解説が載っていますので
ご参考になさって下さい。(解説を引用しようかと思ったのですが、ここでそれ
が違法になっちゃシャレになりませんので、URLの紹介にとどめておきます。
なお、法令や判例などは、著作権の保護の対象とならないそうです。)

http://www.asahi.com/information/copyright_detail.html

 また、以下の「著作権と引用のルール」というサイトなどもご参考になると思
います。

http://iii.cc.kochi-u.ac.jp/~dataan/99b/copyright.html

★D氏
 確かに書かれている通りだと思うのですが、なんか都合の良い部分だけを抜き
取っているような感も否めないかなぁと。あくまで個人的印象ですが・・・。
 「私的使用」についても、実はもっと複雑ですよね。例えばテレビをビデオに
取って友達にあげた・・・なんてケースでは、私的使用と認められる場合もある
はずですし。著作権の適切な運用というもの。本当に難しいですよね。

★Y氏
 ホントはN社の雑誌転載の依頼担当者がキチンと社内調整をしてくれれば、問
題ないケースだったと言えると思います。責めても仕方がないですが。
 ただ、私がN社の知財部に所属していたとして、今回のようなお申し出があっ
た時には「書類を書いてください。」とお願いしていたと思います。
 ソフトの「転載依頼」「収録依頼」が来た時点で、「私のソフトを紹介してく
ださった記事をホームページで引用したいのですがよろしいでしょうか?」と尋
ねておくとその後の展開がスムーズにいくような気がします。

★SO氏
 ただ、やはり正直な話、記事を引用させてもらいたいし、勉強にもなると考え
直し、申請書を書いてFAXしておきました。

★Y氏
 それは良いことです^_^ Sさんの記事がN社の雑誌に掲載されたというのは、
それだけ優れた点があるという一種の証明になりますから。

★SO氏
 今日、めでたく転載許可を正式に頂き、晴れてHPに紹介文を掲載することが
できました。みなさん、いろいろとご指導して頂き、ありがとうございました。

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+------------------------------------------▲
|シ|ェ|ア|協|今|月|の|話|題|2| ・ADSL接続について
+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+------------------------------------------▼

       ADSL接続について

★Y氏
 2001/06/20の新聞に「ソフトバンクとヤフーがADSLサービスを8月からスター
ト」すると載っていました。通信速度も最大毎秒8メガビットだそうです。それ
で月2280円からの値段。しかもネット接続料込み……となると、下手すると@Nifty
やSo-netやJust-netも壊滅的な打撃を受けるのではないかと、ひとごとながら、
心配しています。というか、ホントに良い意味での競争が始まり、良いサービス
が生き残るようになる時代が来たと思います。もしも高速回線が安価に誰でも使
えるようになったら、シェアウェアの流通などにも大きな変化が現われるかもし
れません。ミーハーな私は、早速予約しておきました。http://bb.yahoo.co.jp/

★SH氏
今、会社の社内LANが10MBPSで稼動していますが、回りのほとんどの人は自分
のパソコンのハードデスクとLANサーバーのハードデスクの区別をつけずに使用
しています。
”毎秒8メガビット”=8MBPSの速度で24時間使用可能ならば、自分のパソコン
ハードデスクorCD−ROMとネットワークからのダウンロードを区別する必要
が無くなるのではないでしょうか?

★N氏
 今までは大体2MB以上を超えるソフトのDLは億劫と感じていたものですが、
今後は何十MBものソフトが軽々とDLできるようになるのでしょうね...。
 そういう意味で、大容量パッケージソフトのオンライン流通が多くなりそうな気
がします。

★SH氏
 ダウン最大約8Mbps、アップ最大約900kbpsですから、ダウン側はハードディスク
並み(少し遅いかも..)ですが、アップ側はちょっと気にはなるでしょうネ。

>ホントにオンラインソフトの流通もますます盛んになることと思います。
やった事は有りませんが、WindowsのスタートのWindows Updateはソフトをダ
ウンロードを実行するはずですよネ..インターネットに常時接続して、必要な
ときダウンロードする機能はWindowsに標準装備されています。

★Y氏
 確かに「URLの掲載を許可するか」と転載が同じような意味を持つことになる
と思います。「作者に無断でURLを掲載してはいけない。」と言った文章をヘル
プに入れるようになる時代が来るかもしれませんね。

★SH氏
将来的な話ならば、携帯電話でも、100MBPSとかの速度を出せる方式もあるそう
です。ADSLが将来にわたって主流を占めることができるかは判らないとも思われ
ます。私もISDNには魅力を感じていたのですがぐずぐずしているうちに、ADSLが
出てきてしまいました。

★W氏
 私が契約したのは地元のADSL業者で、家中で何台でもパソコンを接続でき
るコースです。モデムレンタル料と、もちろん接続料込みで、月額6200円(一年
分一括払いだと10ヶ月分)です。ヤフーBBの価格破壊が、早くこちらにも及
んで欲しいと首を長くしてます。
 今までのダイヤルアップ接続に比べて、Web閲覧が飛躍的に楽になりました。
サーバ自体が遅いサイトはどうしようもありませんが、このスピード(下り2M
です。出てるかどうかわかりませんが)と常時接続環境の元では、インターネッ
トの使い方が今までと根本的に変わって来るような気がします。

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+------------------------------------------▲
|シ|ェ|ア|協|今|月|の|話|題|3| 『斜め45°からのパソコン寸評 Part5』
+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+------------------------------------------▼

■エナジースターはどうなった?

 京都議定書が批准されるかどうか、微妙な状況のようですね。米国は自国の権益
だけでなく、世界規模の視野に立ってリーダーシップを発揮して欲しいところなん
ですけどねえ。ブッシュさん、大丈夫かしら。
 ところで、数年前にパソコンの世界でも省エネが大流行したことがありました。
米国の環境保護庁が「エナジースター」というパソコンの省エネ計画を提唱して、
消費電力が少ないことがパソコンの大きなアピールポイントとなったものです。
 でも、最近はとんとエナジースターなどという言葉を聞きませんねえ。最近パソ
コンを使いはじめた方は、こうしたものがある事を知らない方も多いのではないで
しょうか。
 こうしたことは、一時の流行で終わらせたくはないものですね。米国もまた先頭
に立ってパソコンの省エネを推進して欲しいと思います。私たちも、身近なところ
から実践してゆきましょうね。スクリーンセーバよりも、こまめなパワーオフです。

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+---------------------------------▲
|シ|ェ|ア|ウ|ェ|ア|作|家|協|会|会|員|数| ◆7月20日現在
+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+---------------------------------▼
  会 員(jsaaxxxx) 236名(先月比 +1)
  準会員(jsamxxxx)  18名(先月比 ±0)
  準会員から会員    0名
+--+--+--+--+------------------------------------------------------------▲
|お|知|ら|せ| 
+--+--+--+--+------------------------------------------------------------▼
 【協会会則、入会フォーム】                        
   ・協会ホームページ 「会員募集」 URL: http://jsaa.digiweb.co.jp/
 【シェアウェア作家協会会議室】
   シェアウェア作家と、皆さんとのふれあい広場
   この広報誌へのご意見、感想は、こちらの会議室にお願い致します。
   『秀ネット』URL: http://www.maruo.co.jp/jsaa_official
 【トーク広場】
   皆さんに御自由にお使い戴くために協会が提供している掲示板です。
   URL: http://jsaa.digiweb.co.jp/
  この広報誌は、@niftyの各フォーラムと協会ホームページに掲載されています。
   ・FGALM  MES #7 【情報交換】作者のための相談室 
   ・SWINFO  MES #8 シェアウェア談話室
   ・URL: http://jsaa.digiweb.co.jp/ (HTML版)
  出版社のご厚意により、下記パソコン雑誌添付のCD−ROMにHTML版を
  収録頂いております。
      ・宝島社   月刊 DiGi/USER
      ・アスキー  月刊 TECH Win             
                                     
+--+--+--+--+------------------------------------------------------------▲
|編|集|後|記| 
+--+--+--+--+------------------------------------------------------------▼
 いよいよインターネット常時接続の時代が身近に迫ってきました。それに伴っ
て、シェアウェアの流通も形を変えていくことでしょう。

                      (文責 山本 美孝)
                      PAF02437@nifty.ne.jp



もどる