オンライン広報誌「From JSAAVol.32

 
オンライン  _____   _____               
    
広報誌〈\\\\\\ 〈\\\\\\              
       
〈\■■■■■  ■■■■■              
       
〈\\\\ _  〈\      Vol.32    
       
〈\■■■■〈\\_〈\                
       
〈\    \\\          2001/03/21 
        
rom  ■■■SAA   シェアウェア作家協会 

 今回もオンラインソフトの転載に関してなど活発な論議が行われました。

+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+------------------------------------------
||||||||||| 今月の話題
+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+------------------------------------------▼

・S社のオンラインソフト収録CDについて

・コラム 『SUMの斜め45°からのパソコン寸評 Part1』


+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+------------------------------------------
||||||||||| S社のオンラインソフト収録CDについて
+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+------------------------------------------


●S社のオンラインソフト収録CDについて

S社が製作・販売を開始した、「万能ソフトパック」という大量のオンライン
ソフトを収録したCD−ROMに関する転載許可確認方法および宣伝方法
(ダイレクトメール)が議題になりました。

 最初は、協会員のH氏から「私のソフトが無断転載されている模様です」と
いう発言から始まりました。また、T氏から「ダイレクトメールが送られてき
ましたが、許諾申請メールを受け取った方がいますか」という旨の確認の発言
がありました。

☆I氏
 「私の所にもこのS社から掲載依頼のメールが届いていましたのでご報告を。
 まぁ、例によって、『承諾の時は返信はいりませんよ』と言う感じの内容でした。
 めんどくさいのもあって返信は1週間強の間をあけて、『メールを開けるのが遅れ
た場合やメールを見てなかった場合はどうなるのか』と言う質問と、その点曖昧なの
で保留にするとのメールを出しました。今のところ音沙汰無しです。」

☆Y氏
 悪質な無断転載だと思います。フリーソフトはPDSではなく、ちゃんと著作権が
あるわけですから。私はこの分野のソフトは作っていないので被害は免れました
が。こういうケースでは作者が力を合わせて対処していくと効果的だと思うんで
すが、いかがでしょうか。
 それと献本も基本的なルール(またはマナー)だと思うんですけど、皆さんどう
お考えになりますか?

☆W氏
 本日私のところにもS社から『まるとくメール』というのが届きました。
内容は【大量のソフトをCDに収録した「万能ソフト・パック」】の宣伝です。
 末尾に以下のような断わり書きがありましたが、送られてきたアドレスは
DM業者の名簿に入れられているらしい、ジャンクメールばかり届くアドレ
スです。誰かが、名簿を買って勝手に登録したのでしょうか?
>(注意!)
>最近、第三者が勝手に購読申し込み手続きをしてしまう悪戯が増えて
>います。「まるとくメールは」購読希望者にしか配信いたしません。
>申し込んだ覚えがないのに配信された場合には、下記のホームページ
>より購読停止の手続きをして下さい。
> 末尾に以下のような断わり書きがありましたが、送られてきたアドレスは
>DM業者の名簿に入れられているらしい、ジャンクメールばかり届くアドレ
>スです。誰かが、名簿を買って勝手に登録したのでしょうか?

☆D氏
 えっとこれは、その道の人なら誰でも使う「逃げ」の一つだそうです。名簿は
業者から購入したのでしょうが、そうも書けない。で、思いついたのがこの
手法。
  「あなたが登録したんだからメールしたんだよ。覚えがないのなら、
   きっと誰かがいたずらで登録したんでしょう。私に責任は無い」
ということらしい。私に来るDM半数近くに、この文句が付いています。

☆I氏
S社には以下のメールをおくりました。
「この掲載依頼に関して私はいくつかの質問と共にその点不明な為掲載を保留すると
のメールをお送りしました。
 ですが、某サイトにて紹介されているソフトの中に私のソフトも掲載作品として紹
介されていました。
 また、掲載されていることに付いてそちらからの連絡もなく、献本も無いため掲載
記事の確認も出来ない状態です。

 ここで改めて質問させてもらいます。
 1,掲載依頼の形態で不可の場合のみ連絡と言う形態では、メールの不着やメール
を開けていない、メールの変更等により作者が確認出来ない事態が発生する。
 2,献本等の制度が無いため作者はどのような形で収録されているか確認出来ない
状態が発生する。

 また、これとは別に今回の件について。
 1,今回私はメールにて掲載を保留にする旨を連絡したにも関わらず掲載されてい
た。
 2,掲載されていることを連絡されずにその事を知ることが出来なかった。
 3,どのような紹介のされ方をしているのか知るすべがない。

 以上の5点に付いてそちらのお考えをお聞かせ下さい。

 また、今現在シェアウェア作家協会ではこのような形態の収録願いも含め、無断掲
載に付いて話題に上っているので参考にしていただければ幸いです。
 シェアウェア作家協会会議室    http://www.maruo.co.jp/JSAA_Official/
 シェアウェア作家協会ホームページ http://jsaa.digiweb.co.jp/index.html

 なおこのメールは協会会議室にて公開させてもらいますので、ご了承ください」

☆I氏
 メールを出したそのすぐ後にS社から回答がありました。
 多少悩みましたが、私が判断するにそれほど悪い内容ではないとも思いましたので、
ここにアップする事にしました。

※S社の回答文は長いのでJSAA編集時に編集担当の山本がS社の主張をダイジェストさせ
ていただきました。以下の通りです。

・問い合わせメールがあった場合には、許可がでるまでは収録していない。
・ホームページに掲載許可をもらう前にリストをアップロードしてから、後に編集して
 いるためにミスが発生した。
・掲載依頼の形態で「不可の場合のみ連絡」と言う形態は改める。
・制作者にはCDを贈呈する。

☆S社のM氏
 今回いろいろとお騒がせ致しましたS社のMと申します。
I様からのメールにこちらの会議室のURLがあったもので、参加させて
いただきました。
さて今回、当社「万能ソフト・パック」CDの制作にあたってのソフト転載
許可を頂く手続きにつきまして、I様をはじめソフト制作者の方への
十分な配慮が足りなかった点につき、まずお詫び申し上げます。

☆S社のM氏
>えっとこれは、その道の人なら誰でも使う「逃げ」の一つだそうです。

こういうご意見が多いのですが、当社が発行している「まるとくメール」
では購入したリストから配信するケースはございません。

☆D氏
断定的な書き方をしまして、申し訳ありませんでした。
あまりにもくだんの文句が多いので、「まっ今回もそうだろう」と勝手に
決め込んでしまいました。お詫びいたします。

☆Y氏
S社の関連で、S社の方も登場して発言されていますが、以下の点で、私は信
用しておりません。あくまでも個人的な感覚ですし、S社さんには非礼になる
(ごめんなさい)ことを承知で書きます。

・信用できない理由
 1.フリーウェアへのフリーライド(ただ乗り)の姿勢
まず、フリーライドですが、要するに作者の善意で作られたフリーソフトを多量に
収録して「万能ソフト・パック」として発売する姿勢が信用できません。
 2.SPAMメール的な広告戦術
 まるとくメールと称するSPAM(S社さんサイドでは「誰かが悪戯で登録したも
のと主張されていますが)メールによる宣伝手法です。もしも、悪戯で登録さ
れている可能性が多いのならば、配信をゼロにリセットしてから改めて購読申
し込みを受けつけるのが筋だろうと思います。

☆S氏
> 登録されている可能性が多いのならば、配信をゼロにリセットしてから改めて
> 購読申し込みを受けつけるのが筋だろうと思います。
全くそのとおりだと思います。
今、ネットを検索してみたところ、某サイトによると、
> この業者は、何度も何度も同じDMを送りつづけます。
・・・だそうですし、
スパム投稿ボード(ネットビジネス系)
にも、掲載されてますね。
・・・というわけで、私もS社さんのおっしゃる事は信用できません。


+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+------------------------------------------
||||||||||| 『SUMの斜め45°からのパソコン寸評 Part1』
+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+------------------------------------------


 今号から協会員SUMさんによるコラムがスタートします。題して

『SUMの斜め45°からのパソコン寸評 Part1』

です。お楽しみ下さい。

------------------------------------------------------------------------

IT、ITと騒がれている昨今ですが。
先日届いた町の広報誌に「初級パソコン講座受講生募集」の見出しで、60歳以上
の方を対象とした受講生を募集していました。
詳細なカリキュラムと無理のない時間配分に、なかなかやるなと思いながら
応募方法を見ると・・・・。

 【応募方法】 電話、ファックス、メールのいずれかで受け付けます。
        メールアドレス abcd@efghi.jk.lf

えええええっ、メ、メ、メール・・・。
メールを使える人が「初級パソコン・・」受講するの?


+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+---------------------------------

|||||||||||||| ◆3月18日現在
+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+--+---------------------------------
  会 員
(jsaaxxxx) 232名(先月比 +2)               
  準会員
(jsamxxxx)  18名(先月比 +1)
  準会員から会員    0名
+--+--+--+--+------------------------------------------------------------
||||| 
+--+--+--+--+------------------------------------------------------------
 【協会会則、入会フォーム】                        
   ・協会ホームページ 「会員募集」 
URL: http://jsaa.digiweb.co.jp/
 【シェアウェア作家協会会議室】
   シェアウェア作家と、皆さんとのふれあい広場
   この広報誌へのご意見、感想は、こちらの会議室にお願い致します。
   『秀ネット』
URL: http://www.maruo.co.jp/jsaa_official
 【トーク広場】
   皆さんに御自由にお使い戴くために協会が提供している掲示板です。
   
URL: http://jsaa.digiweb.co.jp/
  この広報誌は、
@niftyの各フォーラムと協会ホームページに掲載されています。
   ・
FGALM  MES #7 【情報交換】作者のための相談室 
   ・
SWINFO MES #14 シェアウェア談話室
   ・URL: http://jsaa.digiweb.co.jp/ (HTML版)
  出版社のご厚意により、下記パソコン雑誌添付のCD−ROMにHTML版を
  収録頂いております。
      ・宝島社   月刊 DOS/V USER
      ・アスキー  月刊 TECH Win              
                                      
+--+--+--+--+------------------------------------------------------------
||||| 
+--+--+--+--+------------------------------------------------------------

 今回のシェアウェア作家協会会議室では、オンラインソフトの転載依頼などに
関して活発な議論が行われました。紙面の都合上、全部をご紹介できませんでした
が、詳しくお知りになりたい方は会議室にもアクセスしてみて下さい。
 また、協会のメールマガジンJSAA Journalに、『シェアウェア作家
からの挑戦状』というパズルコーナーができました。第一回目(3/22発行)は、小林
ひろしさんが出題された桂馬跳びパズルが掲載されます。みなさん、ぜひチャレン
ジしてみてください。

                      (文責 山本 美孝)
                      
PAF02437@nifty.ne.jp



もどる